茶布のできるまで

茶布のできるまで>>>
囍茶(茶) + アリサト工房(染織)

吉田山大茶会2017>>>

→続きを読む

一日一茶



ここ最近は納品に向けて茶布の制作をしています。
夏は5時頃には起きてしまいます。
まだセミもまどろんでいるうちに、自分のためにお茶を。
無音だったり、7月なので「Morning July」という青木隼人さんの音楽を流したり。
一日一茶。茶事クラスの宿題なのですが、こんな素敵な宿題なら喜んで。
ほんの5分ほど、今日で3日目。気持ちの良い習慣となりそう。
夏が終わる頃、何を受け取っているかな。楽しみです。
3日坊主になりませんように、私。

飛鳥民芸さん

茶布 取扱店のお知らせ



「くらしの道具とうつわ 飛鳥民芸」
奈良県高市郡明日香村島庄47
七月の営業日
5.7.8.12.14.15.1921.22.27.28.30
(週3日ほどの営業となります。毎月の営業日はFB「飛鳥民芸」にてご確認ください)
お車は石舞台古墳駐車場にお止めください。

吉田山大茶会でお声掛けいただき、奈良、明日香のお店様にお取扱いただくことになりました。
店主渡会さんの選びとられたうつわや布など、一つ一つに物語があり、
あたたかさと清々しさのあるお店です。

打ち合わせに伺ったときにご用意してくださった羽間農園さんのお茶、
そして囍茶さんが淹れてくださった東方美人茶。
わたしはいただくばかりでしたが、心に真っ直ぐ届くお茶時間となりました。
渡会さんのさまざまな引き出しからは不思議なほど繋がりもあり、
こうして明日香の地にあたたかな点を置かせていただき嬉しいです。
いつしか皆さんとの線となっていけばなお幸せです。

伺った日は6月30日の夏越の祓の日だったこともあり、飛鳥坐神社で茅の輪をくぐってご挨拶。
また毎週金曜午前は明日香ビオマルシェが開催されており、
明日香の農家さんたちのお野菜の買い物や喫茶を楽しみました。

車で走るとあるところからふっと懐かしさに包まれる明日香村。
この万葉感はどこからくるのだろう、決して時が止まっているわけでなく。
一件だけ古民家ゲストハウス(アスカゲストハウス)があるとのこと。
いつしか宿泊して、明日香の夕暮れから朝焼けを味わってみたいと思います。

securedownload-6.jpg securedownload-7_20170706102847acb.jpeg


securedownload-3_20170706093319ac4.jpeg securedownload-4_201707060933205c5.jpeg

securedownload-1_2017070609331639f.jpeg securedownload-2_2017070609331753e.jpeg

securedownload_201707060933233cf.jpeg


吉田山大茶会2017 ありがとうございました

201702.jpg

201701.jpg

201704.jpg

201705.jpg

201703.jpg

大変遅くなりましたが、吉田山大茶会にお越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。
今年は囍茶さんとの予てからの念願だった、茶布が美しく見えるブースが完成し、お披露目することができました。
デザインしてくださった建築家の大橋史人さん、奥様のめぐみさんをはじめ様々な方のご協力のおかげです。
私は茶布を奉納するような気持ちで、製作しました(間に合ってよかった!)
例年以上の緊張と、ワクワクと、期待と不安との道のりでしたが、すべてのことに感謝いたします。
外から囍茶さんの茶会を眺めていた二日間、天候にも恵まれとても幸せな時間でした。
来年も多くの方とお茶の喜びを分かち合う場に関わりたいと願います。
囍茶さんの娘さんによる終いの振る舞い茶が沁みました。今年もありがとうね、Nちゃん。
来年もお茶席に入っていただけない方も、座ってくつろいでいただける時間が持てたら。。
茶布もたくさんの方々にていねいに見ていただき、心よりありがとうございました。
また心地よいものをお届けできますよう。
最後に、主催の岩茶房さん(スタッフの皆さんが最後までトイレ清掃してくださっていました)、吉田神社さまに心より御礼申し上げます。

立夏の茶会


2017.5.20
寧楽工舎さんの母屋をお借りして、囍茶 茶事クラスの発表茶会を行いました。
主に生徒さんをご招待して。
子どもクラスの生徒さんたちも、親御さんや小さな兄妹たちと来てくれました。
中国緑茶 竹葉青と十津川釜炒り茶。どちらも今年の新茶。
健やかな一年でありますよう。
共に学ぶ仲間たちと、いろいろ相談、協力して拙いながらもなんとか無事終わることができました。
そして、まとめ上げた囍茶さんの力はやはりすごいなと思います。
会場、構成、招待、茶、道具、しつらい。
どれを取っても囍茶さんあってこそ。
いろいろと学ぶことも多く、いい経験になりました。
お越しいただいた皆様、心よりありがとうございました。
さて、ひと山越えていよいよ吉田山です。
プロフィール

arisato

Author:arisato
アリサト工房


◎2/10〜2/28 大和郡山「とほん」栞展
◎4/1〜4/15  チロル×saredo企画展
◎4/8〜 和知「森の展示室」
◎6/3〜6/4 京都吉田山大茶会




[茶布]

囍茶さんとともに〜
茶殻で糸を染め織りし、布として再び暮らしの中へ。

◎〜囍茶さんの教室(奈良/学園前)でご覧いただけます。
くらしの道具とうつわ 飛鳥民芸さん(奈良/明日香)にて「茶托」「茶巾」をお取り扱いいただいてます。
sahanさん(名古屋) にて「茶托」「茶巾」をお取り扱いいただいてます。




[織る]
〜描くように〜


◎作品を置いていただいているお店
天然酵母パン樸木さん(法隆寺)



制作のご依頼は
neriyakanay(あっとまーく)yahoo.co.jp へご連絡ください。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR