吉田山大茶会2017 ありがとうございました

201702.jpg

201701.jpg

201704.jpg

201705.jpg

201703.jpg

大変遅くなりましたが、吉田山大茶会にお越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。
今年は囍茶さんとの予てからの念願だった、茶布が美しく見えるブースが完成し、お披露目することができました。
デザインしてくださった建築家の大橋史人さん、奥様のめぐみさんをはじめ様々な方のご協力のおかげです。
私は茶布を奉納するような気持ちで、製作しました(間に合ってよかった!)
例年以上の緊張と、ワクワクと、期待と不安との道のりでしたが、すべてのことに感謝いたします。
外から囍茶さんの茶会を眺めていた二日間、天候にも恵まれとても幸せな時間でした。
来年も多くの方とお茶の喜びを分かち合う場に関わりたいと願います。
囍茶さんの娘さんによる終いの振る舞い茶が沁みました。今年もありがとうね、Nちゃん。
来年もお茶席に入っていただけない方も、座ってくつろいでいただける時間が持てたら。。
茶布もたくさんの方々にていねいに見ていただき、心よりありがとうございました。
また心地よいものをお届けできますよう。
最後に、主催の岩茶房さん(スタッフの皆さんが最後までトイレ清掃してくださっていました)、吉田神社さまに心より御礼申し上げます。

茶布のできるまで

茶布のできるまで>>>
囍茶(茶) + アリサト工房(染織)

吉田山大茶会2017>>>

→続きを読む

立夏の茶会


2017.5.20
寧楽工舎さんの母屋をお借りして、囍茶 茶事クラスの発表茶会を行いました。
主に生徒さんをご招待して。
子どもクラスの生徒さんたちも、親御さんや小さな兄妹たちと来てくれました。
中国緑茶 竹葉青と十津川釜炒り茶。どちらも今年の新茶。
健やかな一年でありますよう。
共に学ぶ仲間たちと、いろいろ相談、協力して拙いながらもなんとか無事終わることができました。
そして、まとめ上げた囍茶さんの力はやはりすごいなと思います。
会場、構成、招待、茶、道具、しつらい。
どれを取っても囍茶さんあってこそ。
いろいろと学ぶことも多く、いい経験になりました。
お越しいただいた皆様、心よりありがとうございました。
さて、ひと山越えていよいよ吉田山です。

カラーチップに萌える



もう一度同じ色に染めたいのではなく、記録としての。
茶葉から出た色。
自然界の植物の中のひとつの世界の無限大さに、あらためて胸があつくなります。

ミモザ物語。

securedownload-14.jpeg

securedownload-1_201705121347326a3.jpeg

securedownload_20170512134822c21.jpeg

securedownload-11.jpeg

securedownload-12.jpeg

securedownload-13.jpeg

securedownload-2_20170512134734c94.jpeg



プロフィール

arisato

Author:arisato
アリサト工房


◎2/10〜2/28 大和郡山「とほん」栞展
◎4/1〜4/15  チロル×saredo企画展
◎4/8〜 和知「森の展示室」
◎6/3〜6/4 京都吉田山大茶会




[茶布]

囍茶さんとともに〜
茶殻で糸を染め織りし、布として再び暮らしの中へ。

◎〜囍茶さんの教室(学園前)でご覧いただけます。
sahanさん(名古屋) にて「茶托」「茶巾」をお取り扱いいただいてます。




[織る]
〜描くように〜


◎作品を置いていただいているお店
天然酵母パン樸木さん(法隆寺)



制作のご依頼は
neriyakanay(あっとまーく)yahoo.co.jp へご連絡ください。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR